令和元年のスピリチュアル。信頼・感謝・調和・安寧。

2019-05-03更新中
2019-05-01投稿

いよいよ、令和の時代が始まりましたね。今回は、令和の始まりに感じたことを記したくて、ちょっと短いのですが記事をアップしました。

平和な歴史的瞬間を生きる私たち

昨日私は、久々にテレビにかじりついていました。退位礼正殿の儀を見るためです。

HSP(Highly Sensitive Person。5人に1人いる敏感な人のこと)である私は、なぜかテレビの前で緊張。

「読み上げるとき、ミスがありませんように」「お足元、お気をつけて」など、お茶の間の私が心配しても仕方ないのですが、ほぼ自動的にそう思ってしまうのでした。

退位礼正殿の儀」は、つつがなく執り行われ、ほっとしてテレビを消しました。

テレビでは、「生前退位は約200年ぶり」と説明されていて、調べてみると1817年(江戸時代後期)の光格天皇以来とのこと。

その頃はもちろんテレビもネットもありません。このようにリアルタイムで中継が見れたのは歴史的瞬間でした・・・。現代だと見逃してもネットの動画(YouTubeなど)で見れますね。

私たちは、平和な歴史的瞬間を生きています。それを、じみじみ感じました。

あと、これはものすごく個人的な感想なのですが、「侍従」の方々が三種の神器をお持ちになる際、何となく洋装のイメージではなかったので、ちょっと不思議な感じがしましたよ。すでに天皇陛下が燕尾服を着ておられる姿が映っていたので、不思議も何もないのですが^^;

それだけ、三種の神器の草薙の剣(くさなぎのつるぎ)八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)の印象が強かったのかもしれません。

なお、あと1つの神器は八咫鏡(やたのかがみ)です。天皇陛下ですら、この三種の神器を開けて見ることはできないそうです。まるで神話の続きのようですね。

令和元年のスピリチュアル

さて、令和元年のスピリチュアルは、信頼・感謝・安寧などが重要な意味を持つと感じています。

予言や霊視ではなく、退位礼正殿の儀での天皇陛下の「おことば」からしみじみそう感じたのでした。また、令和の出典からは「調和」を感じさせられますね。

宇宙からのひらめきなどではなく、じっくりと「信頼・感謝・安寧・調和」などの言葉をかみしめたのでした。私はこういうのも大事な「スピリチュアル」だと思っています・・・☆

皆様も、平成の終わりと令和の始まりに、それぞれ何か大切なことを感じられたのではないでしょうか。

令和のスピリチュアルについては、今後もまた少しずつ書き足してゆこうと思います^^

ブログを更新していない日も、noteを更新していることが多いです。より深いスピリチュアルや、より地に足の着いた記事有料コンテンツもございます。よかったら遊びにいらしてくださいね。