令和のヒーリング。生まれてきてよかったと思えるように☆

2019-04-30

平成最後の日のスピリチュアル!

いよいよ平成最後の日ですね。私は昭和生まれなので、いよいよ3つめの時代へ突入することとなります。

私が令和で目指しているのは「生まれてきてよかった」と思える幸せを、はっきり実感することです。あなたは令和でどのようなことを目指していますか・・・?これを機に考えてみるのもいいかもしれませんね。

ちなみに、私が人生で最も価値を置いているのは、愛する人との健やかな暮らしです。愛し愛され、心身は健やかで、幸せに生きることです。(それには適度な豊かさも必要です^^)

平成では「願いが叶った!」「幸せ」「生きててよかった」と実感しましたが、そういえば「生まれてきてよかった」とまでは考えたことがありませんでした。

単純にそこまで考えていなかったというのもありますが。私は大変臆病なので、「果たして死の恐怖を上回る喜びはあるのか?」となると、ちょっと考えてしまいます。

何のために生まれてきたのか・・・、スピリチュアル的に言ってしまうと「試練」のため、魂の純度を上げるためでしょうけれど、とてもその一言では片付けたくないこともあります。(自然災害など)

正直に言ってしまうと、何のために生まれてきたのか、「はっきりとした共通の答え」はまだ見つかっていないのではないでしょうか。

フランスの画家ポール・ゴーギャンの最も有名な絵画の1つである、『我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか』(1897年-1898年)。学校の美術の教科書などで、1度は目にしたことがあるかと思います。

もう、その題名のままですよね。皆、はっきりとは「どこから来たのか、何者か、どこへ行くのか」分からないのです。


(↑こちらは絵画風ポスターです。 ゴーギャン 我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか

だけど、どうやら命は繰り返しているのはないか、魂はこの世で研鑽し、純度を高めていっているのではないか・・・と言われている状態です。

もちろん、それがもっと解明するといいなと願うのと同時に、「生まれてきて良かった」とはっきり実感できる人生の充足感をしっかり持っていたいと私は願っています。

令和では、いずれ旅立つこととなる未知なる世界への恐怖や不安を上回る充足感、感謝、愛などを携えていたいです。

とは言っても、令和も生前退位(譲位)の可能性が高いと思いますので、私は令和の次の時代まで生きていそうです!

■平成から令和へのスピリチュアルなヒント

1.令和で目指していることを挙げてみます。(特定した人物のコントロールや、~~してもらうことなどではなく、自分が感じたいエッセンスを書くのがコツ)
2.人生で最も価値を置いていることを挙げてみます。

平成から令和へのヒーリング

本日は平成から令和にかけてのヒーリングを試みたいと思います。平成から令和に移り変わる、日付をまたぐ時間に瞑想をし、その際、読者様の幸運をお祈りします。(4月30日23:50~5月1日0:10)

■不思議な世界が大好きな方は・・・神秘的な気持ち、魔法を掛けるような気持ちで。きっとあなた独自の能力をお持ちのはず。

■あまりスピスピしたものは苦手な方は・・・癒し・集中力を高めるなどの目的で。コンディションを整え、素敵な成果へとつながるように。

このように、お好きな形でお受け取りいただけたらなぁと思います。

もちろんこのタイミングを逃しても、いつでもどなたでもお好きな形で新たな時代を感じ、セルフヒーリングすることはできます。また、いつでも当ブログのヒーリングをキャッチしてください。

平成から令和へのヒーリングは、過去記事「平成最後の冬・春。スピリチュアルと引き寄せの幸運を7つあなたへ。」に沿って行います。

純粋に「祈り」「ヒーリング」だけでも、まっすぐで純度が高くて美しいと思うのですが、肉体に魂を宿した現代では、どうしても「祈り」「念ずること」だけでは体感として届きにくい気がしています。

(例えば、友人とペアになり、「一週間のうち、どの日のどの時間に祈られたか、当ててみて!」と言われたら、当てることは難しいでしょう。)

そのため、私は引き寄せの法則ベースで、そこに祈りやヒーリングを乗せています。微力でもお役に立てたら嬉しいです。

詳しくは・・・過去記事「平成最後の冬・春。スピリチュアルと引き寄せの幸運を7つあなたへ。」をどうぞ。

令和の時代に、あなたがあなたらしく輝き、願いを叶え、「生まれてきてよかった」と思えるような深い充足感を得ることができますように。

お読みいただきありがとうございました。