復縁・復活愛の電話占いに効果はあったのか。幸せな主婦の体験談と率直な感想。

2019-06-27更新
2018-04-06投稿

今回は、何かと謎に包まれた電話占いについての率直な感想を書いてみました。

私は現在、恋愛が成就し念願だった主婦となり、マイペースでスピリチュアルのお仕事もしています。願いが叶った今だからこそ冷静に振り返ることができます。この記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

復縁を願い、電話占いを利用していた頃

私が電話占いを利用し始めたきっかけは、今よりずっと若い頃の大失恋でした。全力でどっぷり好きになった男性に振られてしまったのです。初めて体の関係を持った人でもありました。

振られてしまったときは、そのことを受け入れることができず心が壊れてしまいそうになり、しばらくは「失恋うつ」状態になりました。

そんなとき目に入ったのは、当時占い雑誌に載っていた「電話占い」の広告です。スマホがまだ普及していない時代なので、広告が電話占い会社の顔でした。

電話占いの広告は、天使や花のキラキラしたイラストが載っているものや、強力な霊感をアピールした大変ミステリアスなものまでさまざまでした。

私は最初に前者の占い電話を利用していました。仮に「キラキラ系  電話占い」と呼ぶことにしましょう。

「キラキラ系  電話占い」は当たるのか当たらないのか

私が利用したキラキラ系の電話占いでは、穏やかで温かい先生方が多く、一言で表現すると「優しい女性カウンセラーによる占い」という印象でした。

強力な霊力や魔術的な縁結びはあまり期待できませんでしたが、癒し効果はありました。優しい波長でよい影響を受けることができたと思います。

印象的だったのは、「○月頃、素敵な男性と出会いますよ♪お顔も好みですので、お食事など楽しいですね(^^)」とにこやかな声で、嬉しい占い結果を伝えてくれたことです。

失恋でボロボロだった私は、希望の光が差し込んだようでした。数か月後に幸せが待っていると思うと、何だか生きていける気がしたのです。(大袈裟ですが、当時はそんな気持ちでした。)

今だから言えるのですが、実を言うとその数か月後、出会いはありませんでした。「この人かな?それともこの人?」とアンテナを張っていたので、チャンスを逃がした訳ではないと思います。

しかし、占いこそ当たりませんでしたが、親身になって話を聞いてもらえたことと、近い将来に明るい希望が持てたことで、失恋の苦痛は多少なりとも軽減したと思います。

占いレベルはごく普通だと感じましたが、会話技術(カウンセリング技術)は秀逸な方も多かったので、癒しのエネルギーをいただけることが多かったです。

むしろキラキラ系電話占いの醍醐味は、そこにあるのではないでしょうか。

もちろん、相性が良ければ「当たった」「効果があった」とはっきり感じることもあるでしょう。

「強力霊感系 電話占い」は当たるのか当たらないのか

一方、強力な霊感、霊視、霊力などを全面的に売りにしており、ミステリアスなデザインとキャッチコピーが印象的な電話占いもあります。

こちらを仮に「強力霊感系 電話占い」と呼びましょう。強力な霊力とされる先生は大変高額なこともあり、サービスを利用するかどうか迷っている女性も多いと思います。

私が体験した範囲で「強力霊感系 電話占いは、当たるか当たらないか」をお応えすると、「微妙なところ」といった感じです。

なぜこのように辛口の意見を書くかというと、恋愛などで酷く悩み、藁にもすがる思いで高いお金を払っている利用者さん達が、高い水準の占いを期待するのは自然なことだと思うからです。

「驚異の命中率」「強力な霊力で復縁」といった、目を引くキャッチコピーで利用者さんを期待させてしまうと、霊視が当たらなかったり願いが成就しなかったときに不満や不信感が生じかねません。

占い師さんも人間です。そして占いは万能ではありません。キャッチコピーと先生の実力に大きな差を感じたら、先生の力不足もあるかもしれませんが、会社(お店)のやり方に問題があるのかもしれませんね。

もちろん、中にはレベルが高い先生もいらっしゃいました。尼僧(元尼僧だったか、現役だったかは忘れてしまいました)の先生が印象深かったです。

「霊性が高い」と言いたくなるような先生です。「霊感や霊視ってインチキでは?」と感じる方は、こういった先生ですと相性がいいかもしれません。

自分の予測や第六感の方が当たる!?

他にも、大きな電話占い会社でお目当ての先生の空きがなく、すぐに対応できるまあまあ良さそうな先生に占ってもらったことも多々あります。

リピーターでないため、短時間で納得のいくアドバイスをもらうのは難しく、消化不良のことも多かったです。2つの例をご紹介します。

 

【例1】私が元彼の新しい彼女について話し始めると、占いさんが「その彼女、年上ではありませんか?」と言ってきました。

違ったので、私が「彼女は年下です」と答えると、「あれー、年上かと思ったんだけどなぁ」とブツブツ言っています。正直言って、「霊感ではなく、ただの勘(カン)じゃないの?^^;」と感じてしまいました。

 

【例2】ある占い師さんは、霊視で「彼はもうじき、あなたへプロポーズしに、家に来てくれます。」と言っていました。私にはさっぱりそのビジョンは見えませんでした。

(霊感うんぬん抜きで、現実的にあり得ないという意味です。)万が一を期待していましたが、彼が求婚しに家に来ることはありませんでした。

正直言うと、自分自身の予測の方が遥かに当たる確率が高かったのです。

 

もし、電話占いを利用していて、占い師さんの予測より自分自身の予測の方がよく当たる場合、いずれあなた自身が電話占いの先生やセラピスト側になれるかもしれません・・・☆

結局、電話占いは当たるの?効果はあるの?

結局、電話占いは当たったのか、効果はあったのか・・・。

いくつもの電話占い会社を使用し、お気に入りの電話占い会社にはリピーターにもなった利用者の立場からの意見を書いてみますね。

一般人に相談して未来を予測してもらうよりは、当たる確率が高まる(結論はこれかもしれません)

よく当たり、効果的なアドバイスをくれる先生もいた(20人に1人くらいの印象)

・結果的に当たらなかったけど、親身に話を聞いて明るい占いをしてくれ、つらい時期の支えとなった先生も

人間として尊敬でき、何年後もその先生のメッセージが印象に残っているという、素敵な先生もいた

・料金が高い=効果があるというものでもない

・人気がある先生の予約が取れず、予約がすいている先生を選ぶと、あまりよくないことが多い

・先生によって、力の差はある

・先生との相性にもよる(こちらが素直になることも大切)

このような感じでした。

今だから言えることは、「よい先生を探そうとお金をつぎ込むより、自分自身で占い、未来を切り開いていく」のが一番かもしれません。その過程で、何度か先生のアドバイスに耳を傾けてみるものよいでしょう。

「自分自身で占う」とは、何も占いを極めるという狭い意味ではなく、運気の流れを感じながら時折 道を修正しつつ、自分が目指している幸せに向かって歩んでいくということです。

愛する人の気持ちを少しずつ推し量れるようになったり、私たちが大きな宇宙の営みの中にいるということを体感できるようになりますよ・・・^^