元彼への恨みが消えない。許せない、復讐したいほど深い傷を負ったあなたへ。

2019-07-13更新
2018-04-04投稿

元彼が許せない。恨みが消えず苦しい。

恨みは、持つ人自身も苦しい

「元彼への恨みが消えない―。」そんな苦しみを抱えている女性も、世の中にはいらっしゃると思います。

かつての私も、そうでした。「恨み」という一見攻撃的なこの感情ですが、それを持っている本人も筆舌に尽くしがたい苦しみがあります。

私は過去に、婚約者に捨てられたことがあります。そのときに「恨み」の感情を体験しました。

当時、私はお付き合いしていた彼にプロポーズされ、婚約指輪も受け取り、すでに同棲を開始している状態でした。ところがある日、私がバスルームに入っている間に彼に逃げられ、私は捨てられてしまいました。

電話しても彼が出ることはなく、代わりに彼の母親が出て、「婚約関係を維持できなかったあなたに責任がある」と言われてしまいました。私は混乱していました。体は凍り付いたように固まってしまい、その場から動けないでいました。

今思えば、心や体が凍り付いて、眠ることも食べることもままならないよりは、一時的に「恨み」へとシフトする方が命は強く生きよう・歩もうとしているのかもしれません。ただし、それが続くと自分自身の心身にもよくありませんが・・・。

恨みの心によるダメージを強く感じているならば、そろそろ「恨み」という感情から一歩上のステージに上がる時期かもしれません。

なぜ別れなければいけなかったのか

ー理解に苦しむ出会いと別れ。それも深く付き合った上で。

実はこういったことは特別に珍しいことではないようです(信じられないことに)。私の周りでも、さまざまな別れの形があったことを耳にしてきました。

例えば、男性側が最初から二股を掛けていて、両方の女性と結婚の約束をしていたという、ワイドショー並みのケースも身近にありました。

彼を訴えようとしたら、彼も弁護士を雇ってきたのだとか・・・。少し前まで結婚の約束をしていた二人が、なぜ法的に争うことになるのでしょう・・・。

反対に、別れる大きな理由が分からないケースも。些細なことから喧嘩になり別れに発展したケースでは「なぜ別れなければいけなかったのか」傍から聞くだけでは分かりませんでした。

片方がすでに別れたいと思っていて、喧嘩を機に別れてしまったのでしょうか。

この記事を読んでいるあなたも、あなただけの物語があったと思います。

そして、もしかしたら「別れた本当の理由」「振られてしまった本当の理由」は、友人や占い師やセラピストにすら打ち明けられず苦しんでいる人もいらっしゃるかもしれません。

恨みの裏にある正直な気持ちは何でしょうか?

親しい友人にも言えなかったこと

私が婚約者に逃げられてしまったとき、親しい友人に「彼と音信不通になり、正式な別れは彼の母親から告げられた」ということを打ち明けました。

友人は「何それ!信じられない。マザコンだったんだね。結婚する前に別れてよかったよ。もっといい人絶対いるよ!」と言ってくれました。私は友人の力強い励ましに心から感謝しました。

感謝は本当なのですが、実は私はその時、隠し事をしていました。彼がマザコンであることは、交際時からとっくに分かっていたのです。

その上で「彼はこういう事情で独り身なんだな。私は彼の変わったところも受け入れよう。そして、彼の理解者になろう。」と考えていたので、マザコン自体が問題という訳ではなかったのです。

私とのデートに彼が母親お手製のお弁当を持参したこともしょっちゅうでした。

しかし、こちらが頑張って彼の変わったところや欠点を受け入れたとしても、彼が私のことを受け入れる余地がなければ、関係はいずれ破綻します。

彼と音信不通になり、代わりに彼の母親から連絡が来るようになったとき、私はすごく複雑な気持ちでした。憎しみの気持ちが彼の母親に向かったり、二人とも恨んだり・・・。

でも、その時点では「彼をとても許せない。沢山傷付いたし、恥もかいた。(でも、お母さんから離れてこちらへ戻ってきてくれて、一生私だけを大事にしてくれたら許せる)」と思っていました。

もちろん、そんなこと誰にも打ち明けていませんでしたがー。

もしあなたが今、元彼への恨みを持っているとしたら、それに隠された気持ちは何でしょうか。

例えば、次のAとBではどちらが近いでしょうか

A:強い不快感から来るもの

「騙された、略奪された、心身を傷付けられた、金銭トラブルがあった、音信不通、妊娠を受け入れてくれなかった、“サイコパス”だと感じた、出会ったこと自体取り消したい」などなど強い不快感からくるもの。

一時的に恨んでしまうのは、人として自然な感情かもしれません。

B:愛して欲しい気持ちから来るもの

「寂しい、会いたい、大事にして欲しい、私を追いかけて欲しい、愛し合っている頃に戻りたい、妊娠を喜んでほしかった、苦しみを分かって欲しかった、悔しい、謝って欲しい、謝りたい、やり直すチャンスが欲しい、せめて話し合いたい」などなど。

本当は愛して欲しい、大事にして欲しい。そういう辛さや未練から来ているのかもしれません。

 

AとB、両方の場合もあるでしょう。隠された気持ちを知ることにより、少しずつ気持ちが整理されてきます。

「全く意味がなかった」と別れと出会った理由

婚約者との別れの際は、前章で言うと「B:愛して欲しい」の気持ちが大きかったと思いますが、過去には「A:強い不快感」のほうが強い別れも経験したことがあります。

それは、「この人と出会った意味が分からない。神様は一体何のために私達を出会わせたの?」と思いたくなるような出会いと別れでした。神社の宮司さんにそのままズバリ聞いてみました。

宮司さんの答えは、「会ってる間、少しは寂しさが紛れたとかあるんじゃないですか?」といったものでした。

一瞬「ええ?それよりも別れた後のダメージがすごいのだけど!」と反発しそうになりそうでしたが、確かに彼と出会った頃の私はとても寂しくて、普段少し見下してしまっていた男性とお付き合いを始めたのです。

酷い話ですが「自分より格下」と感じる男性と付き合うことで自分主導に振る舞え、付き合い始めた頃は気が大きくなっていました。

そんな彼との関係で、いつの間にか立場が逆転し、最後にはこっぴどく振られてしまったのです。それがより一層、後味の悪い思いになったのでしょう。別れた直後はそれすら気付けませんでした。

私を含め、別れたばかりの時は、女性は無意識に被害者側になりたがるものですが、実は結構自分も悪いことをしていた(見下していたなどの気持ち的な面も含めて)ということも、後になれば気付くことができます。

最大の復讐は、彼と離れて彼よりも幸せになること

前章のように、自分自身に反省すべき点が多い場合は、時間が経つと納得できるものです。しかし、本当に理解に苦しむ別れや、相手の心変わりなど、どうしようもない別れだった場合、気持ちの行き場はどうなるのでしょうか。

恨みが消えない元彼への最大の復讐は「彼と離れて、彼よりも幸せになること」。これに尽きます。

私は元婚約者だった彼に捨てられ、もうずっと音信不通で連絡の取りようがなくなったとき、自分の中である“復讐”を企てました。「彼より素敵な人と結婚して、幸せいっぱいの『私達結婚しました!の写真入り年賀状』を送りつけよう!と決めたのです。

その元婚約者に捨てられて約一年後、私は今の夫と出会いました。出会って間もなくお付き合いを始め、出会って一年目の月に入しました。

今の夫との結婚生活は満たされており、はっきり言って私は元婚約者である彼より幸せになっていると思います。

幸せの度合いは、人と比べられるものではないのかもしれませんが、「愛する人と結婚し、健康で、自分の好きな分野の仕事をしている」という時点で大変恵まれていると感じますし、幸せです。

そこまで幸せになると、「『私達結婚しました!写真入り年賀状』を送ったら、万が一トラブルに発展すると嫌だな。こちらの住所も知れてしまうし。」という、“普通”の発想に戻ることができていたのです・・・。

世間ではストーカーなど男女トラブルのニュースが絶えませんが、多くの人は恨みをぐっと堪えています。

それだけでも人として真っ当ですし、そんな人こそ絶対に幸せになって、「今がとても幸せです。これからの人生も楽しみです。(あの男性はどうでもいいです。)」というふうになりましょう。

恨みを何倍も上回る幸せで報われよう

私達はこれから生きていく中で、恨みの感情を何倍も上回る幸せを手に入れることもできますし、恨みの苦しみを癒していくこともできます。通常、つらい体験は、繰り返し思い出すことで段々と威力が減ってゆきます。

そう言われても、いまいち実感が沸かない人もいるでしょう。

私も、

・「何度思い出してもその威力は消えない」

・「これからまた何度も思い出さないといけないの?」

・「美人でない、若いとも言えない私に良縁と幸せが訪れるとは思えない」

と途方に暮れていたことがあります。

そこで私の等身大のエピソードをお話しします。私は今の夫と出会ったときに、恨みが消えない元婚約者のことを少し話しました。一般的に、そのような話はしない方が無難なのかもしれませんが・・・。

すると彼(現夫)は、「何かあったら、俺がそいつに文句言ってやる!!」と言ってくれました。私はそれがとても嬉しかったです。

もちろん、実際に文句を言ってもらったことはありませんが、そういってもらえるだけで、充分救われたのです。「私はもう愛され、守られている。今までよりずっと。」と感じることができました。

私はこのサイトで、私がどん底から幸せになったコツを記事にしています。ご自身に合いそうなことは、是非お試しくださいね。

あなたは今の苦しみをどんな幸せで癒してゆきたいですか?鮮やかな心の苦しみも、愛や喜び、そして希望で癒えるということを体験してくださいね。

あなたの幸せを心からお祈りしています。あなたの幸せを強く願う人との出会いは、素敵な引き寄せとなります!

※追記

現在「note」にて、愛と豊かさを引き寄せるwebマガジンを執筆しています。

The Secret Garden(愛と豊かさの引き寄せ)

私が日頃どのように引き寄せをしているか、明かしています。愛情運だけでなく、仕事運・金運もあがりました!

特にツインソウル、偽ツインソウル、溺愛されることについての記事が人気が高いです。

ご購入者様には毎週木曜日、幸運と心願成就をお祈りしています。

この機会にご覧になってくださいね♪

コメント

  1. あやか says:

    はじめまして。
    初めてできた彼氏だった元彼に対しての恨みが消えず、なんとかしたくてネットで調べていたらここに辿り着きました。
    私の場合は、もともと私の方から彼に好意があったのですが、きっと付き合えないと思い2年ほど片思いをしていました。そして彼への思いも薄れ、無理矢理諦め、本気で恋活を始めたのをきっかけにこちらの好意がたまたま相手に伝わり「付き合ってみる?」ということで付き合い始めました。
    しかしいざ付き合ってみると、相手は私のことは恋愛対象になるけど、それほど好きなものではなかったようで、自己肯定感が低く、自己卑下が癖になっている私は「肉便器扱いされている」と感じるまで傷ついていました。
    「付き合い始める時にお互いの好きの度合いは同じではない」と彼はしきりに説明してきたのも、私のこと別に好きじゃないんだなと実感する理由の一つでした。
    私にとって初めての性行為は、結局相手がたたず、若干やつあたりのような態度も取られて散々なものでした。
    そして次上手くいった時も、「他の人たちはとっくに覚えてることだよ」と的外れな励ましをされて(それまで処女を守ってきた自分の人生を否定されたような気持ちになりました)嫌な気持ちでした。

    些細なことで1ヶ月ほど連絡を取らなくなり、もう彼に会いたくなかったので、「別れる」とラインを送ってそのままブロックして音信不通にしてしまいました。もちろんそれからはもう何の連絡もありません。

    惨めでたまりません。

    もうそれから半年以上経っているのですが、未だに苛立ちがこみ上げてきます。ボコボコにぶん殴ってやればよかった、ボロクソに相手を傷つけてやればよかったと、ずっとぐるぐる考えて殺してやりたい気持ちでいっぱいになります。反面、手首を切りそうになるくらい自分に対しても攻撃してしまいます。

    自分が招いた悪縁とはいえ、本当に悔しいです。あいつを私の中で殺すには、きっと私が一番幸せにならないといけないんだと思います。

    1. ness says:

      あやかさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

      とてもつらい想いをされてきたのですね。私自身に置きかえてみたのですが、苛立ちがこみ上げた日には誰も見ていない部屋で「相手をぶん殴るふり」をしているかもしれません。
      (実際、私が元彼に捨てられた際、エアボクシング、シャドウボクシングのような感じで、殴る真似をしたことがあります。)

      性的に嫌な思いをしたのですから、ある程度は彼を心の中で征伐していいと思います。その後は天に任せましょう。

      また、攻撃的なエネルギーが自分へ向かいそうでも、どうかご自身を傷付けないであげてくださいね。彼の言動に、そんな重みはありません。彼のために傷つくことはありません。

      エアボクシングでも、テニスか何かの素振りでもいいので、安全な発散につながることを願っています。
      発散する際も、体をいためないように気を付け、むしろハンドクリームやボディークリームなどでマッサージしたり、さすったりしてあげてくださいね。
      股関節やかかとをほぐしておくのもお勧めです。女性の開運につながりやすい部位です。

      あなたが惨めに感じることはありませんよ。彼はあなたの恋愛感情を知り、自分が優位だと思っていたのかもしれませんが、結局彼は自身の器の小ささのあまり、自分を守ることで精いっぱいだったようですね。

      彼は自分のプライドを守るために、やつあたりや上から目線で的外れな励ましをしたのでしょうが、かえって残念な態度になっていますね。

      一方、あやかさんは激しくつらいときでも、「自分が招いた悪縁」だと表現されるなど、謙虚な姿勢をお持ちです。日本人的な美しさが随所にキラリと光っています。
      「自己肯定感が低く、自己卑下が癖になっている」のはとてももったいないです。

      本当は素晴らしい女性なのに、自己卑下して「私はこんなことが悪い」と言ってしまうと、「そうだね、そこが悪いね。やっと気付いたの?」みたいに本気で言ってくる嫌な人間がしばしば現れます。

      そういった人からは逃げて正解です。そして同時に、あやかさんの自尊心が戻ることも大事です^^

      あやかさんは今後、幸せになってゆきます。その中でも、生きていると上手く行かない日もあると思います。でもどうか、総合的に見ていい方向へ進んでいることを思い出してくださいね。

      そして、あやかさんももうご存知のように、「自分は幸せになる!」と決定していいのです。今までのことが全て報われ、更におつりがくるくらい幸せになりましょう。

      長文にて失礼しました。あやかさんの幸運をお祈りしています!

  2. […] 当サイトで最も読まれている記事の1つに、「元彼への恨みが消えない。恨むほど深い傷を負ったあなたへ」があります。元彼への恨みの感情に苦しむ人は、実は多いのかもしれません。 […]

  3. […] このサイトで最もよく読まれている記事の1つに、「元彼への恨みが消えない。恨むほど深い傷を負ったあなたへ」があります。密かにこういった悩みを抱えている女性は少なくないのでしょう。 […]

コメントの受付は終了しました。