潜在意識を味方に引き寄せの法則で願いを叶える。夢に導かれる方法!

2019-07-06更新
2018-03-21投稿

「自分とは違う世界」「あの人は恵まれた人」と感じたとき

私がまだ、異性との深いお付き合いを知らなかった10代の頃。バイト中に、お客さんとして来ていた若いカップルを見て、私は衝撃を受けてしまいました。

そのカップルは大学生くらいで、小顔で可愛い彼女は、キラキラした瞳で彼を至近距離から見つめていました。彼の方も慣れた雰囲気で見つめ返しています。

そのままキスでもするんじゃないかというくらいの距離感で、白昼堂々見つめ合っているのです。当時の私は、こんな思いでいっぱいになりました。

「すごい!あんなに近くで男性に顔を見せつけるなんて、彼女は自分の顔に自信あるんだね

「美人はいいなぁ。はぁ・・・(溜息)。」

ちょっぴり斜に構えた見方をしていました。そして、彼女は自分とは別世界の恵まれた人間だと感じました。

10代の頃の私と言えば、異性と至近距離で見つめ合うなんて「絶対無理!」と感じており、更には「この先、誰かと結婚したら、すっぴんを見せないといけない。どうしよう。」と悩んでいたレベルでした。

大袈裟でなく、当時は本当にお肌の状態が悪かったのです。

今なら分かります。もし自分も彼女のようになりたいのなら、彼女の素敵なところを観察し、自分も近付けるように研究してみるのがよいと

しかし、さまざまな悩みで精いっぱいだった私は、「あんなのは骨格から整っている美人なんだから、別の世界の人!」と、自分の世界と切り離してしまいました。

今となっては、それ以上に幸せ!

あれからどのくらい経ったでしょうか。

30代の私は、10代の頃よりお肌の調子が良好です。夫とは何度も至近距離で見つめ合っています。結婚して一緒に暮らしているのですから、当時見た女性より私は幸せ者かもしれません。

ちなみに、恐れていた「すっぴんの披露」ですが、私は夫から「今日、化粧してるの?してないの?」と言われるくらい差がないらしいのです。もちろん女性から見たら、絶対違いは分かると思いますが(^^;)

しかし正直なところ、夫から素顔も化粧も同じに見えると言われたら、私はそれでもう充分なのです。

あんなに「すっぴんなんて見せれない」と恐れていた日々の感覚が思い出せないくらいです。

あなたが今「これ、どうしよう!絶対嫌だ!」と思い悩んでいるコンプレックスも、「何であんなに悩んでたんだろう」と思える日が来るかもしれません。いえ、そう思える日を引き寄せちゃいましょう。

夫とは、すっぴんの状態でも見つめ合います。昔の私が「すごい!」と驚いていた以上*のことを、今当たり前のようにやっているのです。

(*佳川奈未さんの著書幸運予告p121を読むとより納得できます。) 引き寄せの法則を本気で活用し始めてから、過去に欲しかったものまで流れ込んできたのでした。

ラクラク導かれる「グーグルマップ的引き寄せ」

強烈に「羨ましい、素直にすごい!」という人や場面に遭遇したら、妬まず遮断せず、

「未来の自分もこうなる!更に素敵に!」と、目指すエネルギーの方向をそちらへ向けましょう。

胸の高鳴りを感じながらも、どこか冷静に決意するのです。

イメージとしては、グーグルマップで叶えたい夢を「目的地」としてセットし、進行方向を確認するような感じです。

小さな道の選択を間違っても、大きな流れで間違えなければたどり着きます。

では実際に、どのように叶っていくのでしょうか?

自分に合わない険しい道を選ぶ必要はありません。

願いを叶えるための渋滞した道は迂回することもできますし、道を間違ってもすぐに修正案を出してくれることも。そういった働きはちゃんと潜在意識が担ってくれるのです!

私達はその潜在意識のナビゲーションに従えばよいのです。素敵な潜在意識を働かせるためにも、日頃癒されているようにしたいものです。

今は目的地までの道のりが遠いように感じても、機が熟したらごく自然に到着していますので、いつでも叶っていい準備をしておきましょう。

大事なのは「目的地」と進む方向、そして目的地に到着したときに、しっかり受け取れる準備をしておくことなのです。

返信を残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください